家を売却

3月 5th, 2014 by admin Leave a reply »

家を売却と言うのは最初で最後かもしれませんし売買など経験されない方もいることでしょう。そこで数少ない家の売買を経験するかたへ注意事項をお知らせしましょう。

もちろん不動産関係に詳しい方はそのノウハウも知り尽くしているので大丈夫でしょう。しかし一般的には不動産業者に家の売却の手続きを依頼することからスタートされると思います。
重要なことはどこの不動産業者を選ぶかと言う事です。
まず複数の不動産業者に査定を依頼しましょう。
査定価格には幅があったと思います。誰だって査定価格の高い業者を選びたいと思うことでしょう。しかし査定価格=売買成立価格ではありません。これからどのくらいの期間かけて売買が成立するのでしょうか。その期間住宅ローンが残っていれば支払っていかなければなりません。また売れなければ値下げをするしかなくなります。その相場も2カ月で100万円とも言われています。
まずあまりにも相場とかけ離れた高い査定価格を付けてきた不動産業者は警戒しましょう。
査定価格は不動産業者からの販売価格として提案された額です。この金額で売れることはまずないと踏んでください。
提示された査定価格は近所の物件とつり合いがと入れていますか。不動産には相場があります。その相場とかけ離れていると言う事は何らかのたくらみがあると思ってもよいと思います。
不動産の売買は不動産業者との信頼関係がものを言います。失敗しないためには不動産業者を見極めることです。

 

Advertisement

コメントを残す